海外ニュースから学ぶ!

興味深いニュースや、世界史についての英語記事を翻訳して投稿します。面白い発見と英語力養成が目的です。不定期更新。出典はBBC、economistなど。

数字で見るイギリス社会の現代史①〜出生率〜

元記事:Statistics: A nation in numbers (BBC HIstory Magazine)

 

As the Office for National Statistics rolls out its 2021 Census of England and Wales, David Bradbury and Boris Starling reveal what statistics can tell us about seven aspects of British life over the past century – from immigration rates to our changing taste in baby names

国家統計局が2021年のイングランドウェールズ国勢調査を発表したため、デイヴィッド・ブラッドベリとボリス・スターリングが、統計を使って、過去1世紀のイギリス社会を7つの側面ー移民率から赤ちゃんの流行りの名前までーから見ていきます。

The ups and downs of birth rates

出生率の上昇と下降 

 

f:id:flying_rina:20210328014059p:plain

The number of people being born is a fundamentally important statistic – it is, after all, one of the key determinants in the size of the population. The birth rate has generally been on the decline since the turn of the 20th century, not surprising given developments such as the huge fall in the infant mortality rate (15 per cent in 1900; 0.4 per cent in 2018) and the development of reliable contraception.

出生数はとても重要な統計です。人口規模を決定するカギとなるからです。出生率は20世紀に入ってからは基本的に下降する傾向にありましたが、これは乳児死亡率の大幅な低下(1900年に15%だった死亡率は、2018年には0.4%まで下がっています)と避妊技術の向上を考えると不思議なことではありません。

But this has not been a straight-line decline: the number of births in the UK dipped below a million for the first time in 1915 but, by 1920, had soared back up to 1.1 million, the highest on record. Why the rapid rise? Well, perhaps it was simply the effect of demobilisation bringing couples back together. Or maybe it was a conscious desire to replace the population lost in the war and Spanish flu pandemic.

しかし、出生数はずっと減少し続けていたわけではありません。イギリスでの出生数は1915年に初めて100万人を下回りましたが、1920年までには110万人まで増加し、記録上での最高値となりました。どうしてこうも急増したのでしょうか?おそらく、単純に復員(第一次世界大戦終結による兵士の帰還)でカップルが元通りになったのでしょう。もしくは、第一次世界大戦スペイン風邪によって失われた人口を取り戻したいという意識が働いたのかもしれません。

Birth rates fell again when the country was plunged into war in 1939. However, on this occasion, the number of births did not continue to decline throughout the conflict – it actually bottomed out in 1941.

出生率はイギリスが戦争に巻き込まれた1939年に再び下がります。しかし今回は、戦時中に出生数が減少し続けることはありませんでした。1941年からは上昇を始めています。

Famously, the postwar years saw a strong recovery, to the extent that the late 1940s through to the early 1960s became known as the “baby boom”.

有名なことですが、戦後数年間は強力な復興を遂げました。1940年代後半から1960年代初頭までは「ベビーブーム」として知られるようになったほどです。

In 1961, the contraceptive pill was introduced to married women on the NHS. By 1974 it was available to single women too.

1961年には、NHS(国民保険サービス)で既婚女性はピルが手に入れられるようになりました。1974年までには、独身女性も入手可能となりました。

In the final decades of the 20th century, birth rates fell once more, plunging to a low of 657,038 in 1977, but it has rallied slightly since, reaching a recent peak in 2012 at almost 813,000.

20世紀後半に出生率はもう一度低下し、1977年に65万人という最低値を叩き出しますが、そこからは徐々に回復し、最近では2012年に81万人のピークとなりました。